最新情報をCHECK!! 

小太りの妹(小学生)に危機感を抱き、夏休み中に少しでも平均体重に近付けようと「妹以外の家族」が団結した。

コメント(0)
笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】4
123: 19/08/23(金)22:24:53 ID:yWx
小学生の妹がいる、小太り
タプタプの顎とパツパツになりかけの体操着姿に危機感を抱き、夏休み中に少しでも平均体重に近付けようと「妹以外の家族」が団結した
飲み物は麦茶、オヤツはキュウリ(味噌・塩・塩昆布が選べる)、ご飯の量を減らして豆腐や練り物を増やした
しかし減らない
むしろ1㎏増えていた
熱中症を恐れて運動をさせなかったのもあるだろうけど、それにしても無から有を生み出す奇跡
軽い筋トレ程度ではダメだったのかと落胆していたが、母が家の米が減っていることに気付いた
妹がコッソリ家のストック置き場から5㎏の米袋を自室に持ち込み、日中家族がいなくなるのを見計らって早炊きして食ってた
毎回1~2合を炊いて、味海苔やフリカケでペロッと食べて証拠を隠滅していたのだ
因みに余ったらおにぎりにして冷蔵庫の奥に隠しておいたらしい
母がカンカン、いくら腹が減ったとはいえ家のものを無断でコソコソ勝手に消費するとは何事だと妹に説教
言えばキャベツや蒸し鶏を出したのにと
白米大好き反抗期の妹、自分の家のものを自分が好きに消費して何が悪いと開き直り
「私は成長期だから背を伸ばす方向で頑張るの、だから食べる量は減らさない」と豪語
ちなみに妹は148cm55㎏(夏休み前の学校での身体測定結果)、身長に希望を持つなら160cm半ばまで体重をキープする必要がある
隠れて米炊いて食ってる小学生には無理そうだし、そこまで伸びるとも限らない
食べてもいいけど一言断れという母と、いいから米が食べたいという妹の喧嘩
母の言うことに賛同であるものの、ここで私が口を挟むと分が悪くなった妹が逃亡するのは想像に難くない
下手に動けないので、とりあえず私は階段に座って妹の逃げ道を塞ぎつつ事態を見守ることに
ピンポンが鳴ったので出てみると、曾祖父がキュウリ片手に玄関に立っていた
内容までは把握できない程度の大声が近所まで響いていたらしくて、心配して来てくれたのだ
事情を知った曾祖父、まさかの妹の味方に
成長期の子供にダイエットなんて可哀想なことをさせてやるなと母を諭し出した
ドヤ顔のマシュマロガール(妹)
曾祖父「お母さん見なさい、この足!二の腕!実に立派じゃないか!ガリガリで枝みたいな手足よりずっといい」
真顔になる妹、曾祖父が好きなので逆ギレできず黙る
曾祖父「俺は○美(妹)が汗かきながら飯食ってる姿が好きだ、食い終わった時のツヤツヤテラテラしたほっぺが可愛いと思う」
妹、見たこともない表情になる
母、完全に笑いをこらえている
母は曾祖父の主張をひとしきり聞いた後、いただいたキュウリを娘に食べさせますと頭を下げた
わかればよろしいと満足げな曾祖父、「他の子はみーんなホッソリしてるけどな、爺ちゃんは丸々とした○美が大好きだぞ」とオーバーキルして帰っていった
夕飯は棒々鶏だった
妹は父に指導されながらスクワットを開始、フォームを直されつつ頑張っている
妹が中学生になるころには標準になってるかな
ちなみに妹に持ち去られた米はまだ返却されていない

 
 

 


職場は午前中に掃除のおばちゃんが来て各フロアを掃除してくれるんだが、AフロアとBフロアで明らかに差があった。その理由が…


義姉から姪っ子ちゃんの写真や動画が送られてくるようになったんだけど、画像では満足できない体になってしまった。


仕事で「ありがとうございます」に対して「とんでもないです」って返答してるんだけどおかしい?


彼女920円、俺980円のランチを注文。→支払い時に彼女が1000円を渡してきた。彼女「お釣り頂戴」俺(ドン引き…)


メシウマで家事してくれて稼いできてくれていい嫁なんだけど、会話が合わないのが不満。


20すぎの軽度知的障害の女性が親に見捨てられて一人暮らしすることになった結果。


「よく効くけど副作用が便秘」という薬を処方された。むしろ快便すぎて目眩と焦りの中トイレを探し回っていたのでハッピーだった。しかし…


首つりはほぼ100%成功すると聞いていたのに生き残ってしまった。医者「物凄く奇跡的な事だからもうやめてね」


友人が為替で大金を手に入れて会社を買って社長に就任した。仕事の出来ない人を何人もクビにしてイケメンを採用しまくってる。


アメリカに住んでるんだが、スタバでホームレスらしきおばさんが「私はサンドイッチが食べたいのよぉぉー!(in英語)」と絶叫してた。


彼と旅館に泊まった。私はグーグー寝てたけど彼は深夜に蚊と戦ってたらしく、壁のあちこちに血がついていた。


小学生の頃、信号が青になって母と妹が歩き出して私が「待ってよー」と言うと母だけが立ち止まって振り返った。次の瞬間…


身内「お金払うからご当地食品をこっちに送って!」私「全く同じものがアマで買えるし送料も安くつくよ」


残業続きで明日は休みってときに昼から思いっきり寝てたら、突然ドアをこじ開けられて見知らぬ人に叩き起こされた。


餃子の中身を変えて作ってみたら、夫も子供も大喜びで「お母さん最高!」「天才の料理!」って言われた。


住んでたマンションのお隣さんは愛想がいい美人だった。私(いい人そうだなぁ)→ある日、イケメンを連れたお隣さんと遭遇したんだけど…


友人達と放課後に買い食いしようと話してた。A「金がないから無理!(怒」友人「…え、誘ってないけど」

引用元: https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1527061949/

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

728x90 AD POST bottom
PICK UP