【実体験】東北大震災のボランティアのツアーに友人と参加した。→夜に散歩してたら人の足だけが走っていた。私「…見た?」友人「足が…」

0_magnitude_earthquake_and_subsequent_tsunami
731: 2016/06/05(日)00:18:57
不謹慎と言われるかも知れないけど、実体験。

東北大震災が起きた年の夏、大学一回生だった自分が友人と2人でボランティアのツアーに参加した時の話。

宮城県は雄鹿半島での瓦礫撤去の作業だったんだけど、現地に着いてみるとそこはもろに津波の被害を受けた場所だった。
建物は流されてもう無いか、何十年も経った廃墟のような状態か、という感じ。


同様に廃墟と化した公民館が自分たちの宿泊場所だった。
到着するなり、まずは見てください、と住民が撮影した津波の映像を見せて頂いた。

ちょうど公民館の裏手が山手になっていて、そこへ避難した人が撮った映像。
遠くに見える海から迫ってくる津波、撮影者の方へ向かって走る数人の人がそれに飲み込まれる様子が映っていた。
正直、そういった映像はテレビやネットでいくらでも見てきたし、そこまで感慨に浸ることもなかった気がする。

それから瓦礫の撤去を始まり、家族の写真や子供のおもちゃを見るたびにやるせなくなりながら作業をしてた。
夜になり作業が終わるとさすがに疲れてたけど、廃墟や心霊モノが好きな自分は、22時くらいだったかな、自由時間に友人を誘って2人で散歩に出かけてみた。

とりあえず近い場所に見えるアパートみたいな建物に向かって、海方向へと談笑しながら歩いていく。
と、右の方で何か白い光が見えた気がして、とっさにそこへ目をやる。人の足だけが走ったように見えた。

幽霊の正体見たり枯れ尾花、って言葉もあるし、まさかな、と思いつつ友人に「見た?」と尋ねてみる。
「足が...」って返事された時は、少しゾクっとした。

けど、自分たちももういい大人だし、それでギャーギャー騒ぐ歳でもない。
一緒に見間違いなんて珍しい事もあるなー、なんて言い合いながら、気を取り直して歩を進めようとした。

足を進めた瞬間、また走った。腰から下だけの、白く光る足が、3人分。
ものの1秒ほどで消えたけど、今度は間違いなく見た。友人を見やると、同じ方向を凝視してた。

しばし固まった後、やばいやばいと言い合い、我先にと公民館の方へ帰ろうとする。
また足が走る。公民館の方へ向かって、津波から逃げるように。
そこから自分たちも必死でダッシュ。公民館に帰ったが、幽霊を見たとか恥ずかしいし、不謹慎だという考えもあって、他の人には話さないでおこう、ということにした。

朝になると現金なもので、昨日のやばかったな、なんて、友人との間ではもう笑い話になってた。
足がいた場所見に行こうぜってなって、また散歩へ出かけることにする。
あの辺じゃね?って意見が一致した場所には、もう雑草に囲まれてはいたが道があった。

あれ?この道...と思った時、来た時に見た津波の映像が頭に浮かんだ。
これ、映像で津波に飲み込まれてた人たちが逃げてた道だ、と気付き、あの人たちの幽霊だったのかとか、途中で白い足が消えたのは津波に飲み込まれたからなのかとか、●んでも津波から逃げてるのかとか、色々なことを考えてしまって。

それ以降、笑い話にはしなくなった。

732: 2016/06/07(火)08:45:03
残留思念てやつかなあ(自分も全く詳しくないけど)
逃げなきゃ早く早くって必死に走っていた人たちの想いを731は目の当たりにしたのかも知れないね

1001:関連記事をキスログがお送りします:2012/01/02(木) xx:xx:xx.xxID
彼は重要じゃない事はスグに忘れちゃう。
今の母親はすばらしい人との出会いがなかった人たちなのだろう。
東南アジアでモテモテだったが天罰が…
近所に郷土料理屋ができて招待状が来たので行ったらお金取られた。招待じゃないのかよ…
姉夫婦が急逝して1歳半の姪が残された。→膝に手を置きながら俯く姪が静かに泣く姿を見た私は…
私の姉には見ただけで人の性格を見抜いてしまう力がある!!そして姉の旦那マジ良い人www
空き巣が入った。→警察「最近出入りしてる人は?」私「姑が毎日…」旦那「え!?」
私と義弟嫁が義実家に呼び出された。姑・小姑「明日まで温泉に行くから掃除しててね~」→義弟嫁「パパ(舅)にペンキ貰ってきます!」私「??」
嫁が体調崩してたんで、家事と看病をしておじやを作ってやった。→俺「出掛けるついでに飯食ってくる」嫁「OK」→帰ったらヒスられて…
新郎「母親とは絶縁しているのでそこには触れないでくれ」新婦家族「わかった」→披露宴当日、新郎の母親登場。「どうしてここに!?」→新婦は真っ青になって…
車庫に置いてある洗濯機を勝手に持って行こうとしていた廃品回収業者。
食事を終えて会計をするときにトイレに行き私に払わせ一人で帰宅…
募金箱を奪おうとしてきたおばさんを見事な一言で追い返す!!
わからない理屈で野菜しか食わせてもらえない。
謝ることができない彼。私を忘れてゴルフへ…
週2回位の割合でハトムギの錠剤の味がする。
電車で座ろうとしたらおばちゃんが「ちょっとごめんね!!この人足悪いの~!!!」といって割り込んできた。
酔いつぶれた友人を介抱して支払いまでしたのになぜ文句を言われなきゃいけないんだ…
オカルト研究部でとある女性にインタビューをしたんだけど、超恐怖体験だった。
DQNに絡まれて何も言えなかったら先輩の下段回し蹴りが炸裂!!

引用元: http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1394112615/