最新情報をCHECK!! 

【不思議】私は数年前まで首輪をはめられてある一家に飼われていた状態だった。

コメント(8)

自分が体験した不思議なことを書き込むスレ

508: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 22:07:18.40 ID:9+fFTbph0
ここでいいのかわからないのですが、私は数年前まである一家にまさに飼われていた状態だったと思うのです。
その時のことを書いてもいいでしょうか?

 

510: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 22:13:40.53 ID:otLJs1SN0

 >>508
不思議なことでしたら、どうぞ!

 

512: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 22:42:40.62 ID:9+fFTbph0

ありがとうございます。
書かせていただきます。
拙い文章ですがご容赦ください。

私は現在都心から離れた関東地方に一人で暮らしていますが、数年前までいまおもうと不思議な生活をしていした。
元々の私は普通の家庭で普通に育ち、ごくごく一般的な人生だったはずなのです。
顔立ちや背格好もがもなく不可もなく、頭の出来も十人並みの平凡な人間でした。

今の生活に戻ってから実家を確認したり、同窓会に参加したりしてみましたがやはり私は私の記憶通りの普通の人間だったので私の気が違ってしまったということもなさそうです。

精神科などの病院にはまだ行っていませんが、恐らく「妄想」として片付けられてしまうことが目に見えているので今も病院は考えていません。
もし同じような経験がある方がいらっしゃったら話を聞きたいと思い、書きます。

これが書いてはいけないことなのか、誰かに言ってはいけないことなのかの判断も今の私にはつかないのですが、なんとなく大丈夫な気がします。
特に犯罪に巻き込まれたというわけでも、私が「被害にあった」とも思っていないからです。

前置きが長くなってしまいましたが、一つ一つを思い出しながら丁寧に書いていきたいので遅筆ですがお許しください。

私は関東の大学を出たあと、同じく関東の会社に内定を貰い、一人暮らしの部屋も確保してあとは4月を待つだけ。
という形で3月に大学を卒業しました。

 

513: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 22:50:28.96 ID:9+fFTbph0

PCを持って無いのでスマホから打ち込んでいます。
初めて人に話す所為か興奮で手が震えて誤字が目立ってしまいました。すみません。

続けます。
大学を卒業し、卒業式の何日か後に用意していた部屋に移り住み、実家から持って来た電気カーペットの上で寝転びながら新しい家具を携帯(当時は携帯とスマホの割合は半々でした)でネットサーフィンしながら探していました。
そこまでが、私が覚えているかつての生活の私の最後の記憶です。

本当に、説明の仕方がわからないのですがそこから先は「気がついたら」としか言いようがありません。
物心が着く頃から、という感じで気がついたらある一家と一緒に暮らしていました。
それは今思うとただの居候などではなく、明らかに「ペット」としての扱いでした。
しかし当時の私はそれを不満に思うことはなく、まるでこれが私のあるべき姿であるかのように受け入れ、充足した日々を過ごしていました。

 

514: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 22:59:19.55 ID:sNvBsGAq0
おい!いきなりかよ。
こりゃものすごいな、カフカだね?

 

515: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 23:04:41.52 ID:9+fFTbph0

その一家は若い父と母(お互い30代前半くらい)と、小学校中学年くらいのお嬢さんの3人でした。
私は実名でなく、明らかにペットにつける名前で呼ばれていました。
(犬っぽい名前。ポチ、とかゴン、といったそういう名前。)

かと言って、裸にさせられていたわけではなく
私だけが着るユニホームのような扱いでスウェット生地の服がありました。
それは毎日同じ色ではなく、時に茶色だったり時に生成りだったりと、地味な色ではあったものの汚らしいものではなく、いい匂いのする清潔感のある服でした。

しかし首には当然の様に首輪がはめられていました。
確か青だった気がします。
本当に犬用の、ホームセンターのペットコーナーに売っているようなやつです。

また、私は毎日お嬢さんからご飯をもらっていました。
それは自分の手で食器を使って食べる。
という形ではなく、お嬢さんがお嬢さんの手から私の口に運んでくれるというものでした。
食べ物はパンやおにぎりが主でしたが、私はそれに不満など感じず毎日お腹いっぱい食べていたように思います。
しかし飲み物は水だけで、これは大きなペットボトルを逆さにしてストローをつけたものでした。
ウサギやハムスターなどの小動物のゲージで良く見るやつと同じ仕組みだと思います。

お風呂は毎日ではありませんが、定期的に入れてもらっていました。
毎日お嬢さんが私の髪をブラッシングしてくれていたおかげか、自分の体臭が気になったことはありません。
というよりも、その当時の私にはお風呂という概念がなかったようにも思えます。

髪と書きましたが、当時の私の容姿は間違いなく人型でした。
お嬢さんと一緒に遊んでいた時も、ふと鏡を見た時も私は二足歩行でしたし、見た目も間違いなく人間でした。
お嬢さんとあやとりをしたことも覚えています。

 

516: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 23:09:22.88 ID:vLKH2h7j0
ねぇ、そういう見え見えの作り話して何がしたいん?

 

518: 本当にあった怖い名無し 2015/01/24(土) 23:36:45.51 ID:sNvBsGAq0

 >>516
違うんだよ。
犬になるまでの半年が抜け落ちてるから不条理に感じるんだよ
この手の人犬伝説は本来それに至るまでがメインなんだけど彼は不思議体験として語ってるんだから作り話と規定しちゃよくないよ

只、犬の生活って本人以外は退屈なのも事実だよね
これじゃ家畜人ヤプーの焼き直しなのも事実
さ~てこれから何かあるのかな?

 

521: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 00:02:20.76 ID:8+R8hUkM0

すみません。
お待たせしました。

ヤプーというのを知らなかったので、後で調べてみようと思います。
作り話と思っていただいても結構です。
もし何か知ってる方の目に止まればいいな。
くらいに考えて書いています。

続きです。
あの一家と暮らしていた家は和室もありましたが洋室がほとんどで、少し手狭な様な気もしますが普通のどこにでもある一軒家。
と言った感じでした。
庭は庭と呼べるほどの大きさではありませんでしたが、お母さんプランターでガーデニングをしていて、お嬢さんはプチトマトがなるのを楽しみにしていました。

私は普通に日本語を話しており、お嬢さんはいつも私に話しかけて(一家は全員現代の日本人という感じでした)くれました。
私はお嬢さんの話をうんうんと聞くだけでしたが、何か問いかけを受けた時だけ言葉で返事していました。

(例えばその日お嬢さんが着る服について「赤がいい?青がいい?」→「赤がいい。」など。)
時間という概念にも疎く、お嬢さんに起こされて起き、ご飯を食べ、お嬢さんが学校へ行き
お父さんが仕事に出かけ、お母さんが仕事部屋に入ると私は与えられた寝床に寝転がりうとうとしながら気がついたら寝て、また帰ってきたお嬢さんに起こされる。
といったはっきり言ってなんの役にも立たない存在として生活していました。
お母さんは何か家で作業する仕事をしていたのだと思います。
たまに疲れたように首を回しながらコーヒーを入れに部屋から出てきました。
たまに私が「お疲れ様です。」と言うと優しく笑って頭を撫でてくれました。
私の世話はほとんどお嬢さんがしてくれていて、お父さんやお母さんとはあまり話した覚えはありません。

とくにお父さんとは挨拶以外の会話をしたことがないように思います。

 

524: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 00:29:27.25 ID:8+R8hUkM0

そうして私はその生活を「満喫」していました。
お嬢さんや一家の顔や声はまだちゃんと覚えており、会えば絶対にわかります。
お嬢さんの名前もわかるのですが、さすがにここで書くのはやめておきます。
お父さんとお母さんの名前はわかりません。名字も正直曖昧で、多分これじゃないか…というくらいです。

そしてここまで書いておいて本当に申し訳ないのですが、話はこれで終わりなのです。

この「ペット」としての生活をどのくらい過ごしたのか、いつ、どうやって抜け出したのか。何も覚えていないのです。

生活の終わりは突然でした。
その家でいつものように寝床で寝ていて、庭に出ていたお嬢さんがリビングに入ってくる気配がしました。
(私の寝床はリビングにあり、深緑のカーペットの上が私のスペース。という感じでした。
そこに無⚫︎良品の人をダメにするクッションソファーがあり、それが私の寝床でした。)
そして、「○○」と私のペットとしての名前を呼ばれ、返事をしようと振り向いた時
次の瞬間には私は今の私に戻っていました。
これが、私が覚えている最後の状態(一人暮らしの部屋で携帯をいじっていた状態)のままなら
「長い夢だった。」で終わるのでしょうが
私が今の私として気がついたのは、交差点の信号待ちの状態だったのです。

瞬きもした覚えはありません。
寝転がった状態から肩越しにお嬢さんを視界に入れようと頭だけ後ろに動かした瞬間に、私は都心の交差点に立っていたのです。

そこは大通りというわけでもありませんでしたが、何度か通ったことのある横断歩道でした。
全くわけがわからないまま、歩行者信号は青になり、周りの人の動きに合わせるように自然に足が動きました。
とりあえず信号を渡り終わったあと、その場で止まって周りを見回していたらベビーカーを押す女性に
「通ります。」と言われて歩道の真ん中にいたことに気づいて道を譲り、それをきっかけに妙に冷静になりました。

 

 

527: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 00:50:47.63 ID:8+R8hUkM0

幸い知っている道だったので、最寄りの駅まで歩きながら持ち物を確認しました。
その時の持ち物と服装は、いつものリュックにいつもの
「ちょっとそこまで」程度の服装でした。
リュックの中には飲みかけのペットボトルのお茶と数千円入った財布とポータブルの充電機器。
それと何故か買った覚えのない新品のイヤフォン。
携帯電話は上着のポケットに入っており、日付を確認すると大学を卒業して2週間弱ほど経った平日でした。
時間は夕方の4時過ぎ。
そこからはなにがなんだかわからないまままっすぐ一人暮らしの家に帰りました。
その日はお風呂にも入らず着替えもせず、カーペットの上で上着を着たまま寝てしまいました。
次の日、実家や友達に電話をしましたがどう説明すればいいかもわからず、悩んだ末に
「ここ2、3日の間に私と連絡を取ったという人はいないか」といつことを聞いてしまい、両親にも友達にも訝しがられてお終いでした。
その後は予定通りに入社し、なんの変哲もない毎日を過ごしています。
未だにあれが夢であったとも現実であったとも判断が尽きません。
夢だとしたら長すぎるしリアル過ぎたし、交差点にいたことを考えると夢遊病など他の心配も出てきます。
かと言って、現実だとしたら異常過ぎますし、なにより時間軸がおかしい。
いくら時間に縛られない生活をしていたとはいえ、あれは間違いなく2、3日という短い期間ではありませんでした。
最低でも1ヶ月。下手したら半年近い期間だったように思います。

明日は休みなので、もし何かあれば質問にお答え致します。

 

528: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:06:11.67 ID:JvnpBrsh0
その空白の2、3日の足取りは分かったのですか?
会社は無断欠勤って事になっていたのですかね?
そのペットになっていた期間のもっと深い部分の話を聞きたいですね。

 

529: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:14:36.39 ID:8+R8hUkM0
質問ありがとうございます。
大学の卒業式が3月の初旬で、交差点で気がついた日はその2週間弱後の3月の末近くでした。
ちょうど入社式の前だったので仕事はセーフでした。
その期間はバイトもしておらず貯金で生活していて、人生最後の自由時間。と思ってなんの予定もいれていませんでした。
その部分に関しては自分も出来過ぎていると思い、ここを考えると本当に妄想なのかと思ってしまいます。
そうなると、こんなにもリアルな妄想してしまう自分が本気で心配でたまりません…。

 

531: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:25:20.33 ID:8+R8hUkM0

ちなみに、ペット期間の足取りは結局つかめていません。
というよりも、私の記憶が間違っていなければ実際に記憶が飛んでいるのは10日間前後だと思います。
日記をつけたりという習慣がないので曖昧ですが、恐らく記憶が途絶えたのはこの日だろうという日は覚えています。

ペット期間の思い出は妙に温かい思い出ばかりです。
お嬢さんが私に寄り添って眠ってしまい、お母さんに
「自分の部屋で寝なさい」と叱っていたり
お父さんがニュースを観ている隣で
「どういう意味?」などとわからない文言を聞いてくるお嬢さんに説明したり、お母さんが庭のプランターに水をやっていると虹が出ていて、それをお嬢さんに教えてあげたり。
基本的にはお嬢さんが中心でした。
自分のことをペットとして割り切るなら、とても大切にしてもらえていたと思います。
ちなみに、トイレは私専用のトイレがありました。和式でした。

 

530: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:23:01.37 ID:c6q0P78D0
オカ板でよく聞く、別次元(パラレルワールド)の自分に同調し、意識のみ「あちら側」へ行ってしまったのでは無いですかね?
自分の場合は貴女とは違いますが、夢と認識している訳では無いのですが、寝ている間だけ「あちら側」に繋がって、途中で起きても「続き続き・・・・・。」と無意識に口ずさみ、「あちら側」へ行く事があります。
まぁ、ただの明晰夢で済ませられるんですけどね。
ただ、貴女の場合は「あちら側」に行っている間も、「こちら側」の貴女は活動していた事が、他の話と違う所なので気になる次第です。

 

533: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:37:14.16 ID:8+R8hUkM0

パラレルワールドですか。なるほど…
正直、私は今までこの体験以外は本当に平凡で心霊現象の一つにもあったことがありませんでした。
小中学生の時にこっくりさんなど試してみたこともありますが、10円玉はピクリとも反応しませんでした。笑
なので、そういったファンタジックなことは全く信じていなかったのですが
そう言われてみたらそうなのかも…と思えてきます。
パラレルワールドについても、調べてみます。

記憶のない約10日間の私についてなのですが私は少なくとも部屋には戻っていなかったのではないかと思います。
というのも、部屋に置いてあった花が枯れていたからです。
卒業祝いに後輩から貰った花だったので、ちゃんと世話をして長持ちさせよう。と決めていましたし、私の母の仕事が花屋ということもあり花の扱いには慣れています。
あの花の種類を考えてもきちんと世話をしていたとしたら10日程度で枯らすことはまずありません。
ということは、部屋に戻っていなかった。かもしくは花の世話をしない別の私があの部屋を出入りしていたことになるかと思います。
……なんだか怖いですね。もう数年前の話ですが。

 

532: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:36:40.70 ID:j5q34K0A0
それ現実じゃないだろどうみても
妙にリアルな夢遊病体験みたいなもんだろ
気づいたら交差点ってのも、単なる寝ながら見る夢でなく、意識がぶっ飛びながら、元の体のほうもちゃんと動いてたってことだ
特殊体験であることは間違いないが、なんでそれを現実だと思い込んでるのか・・
100%その家族?お嬢さんとか両親とか、はあんたが2chに書きこんでるこの世界にいないよ
まあ、この世界自体が夢みたいなもんかもしれないけど

 

535: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:45:04.30 ID:8+R8hUkM0

 >>532さん
そうですよね。
その通りだと思います。
現実なわけがないんです。
でもその「こんなわけわからん体験ありえない」と思うのと同時に
「あんなリアルな体験が夢だなんてありえない」と思う自分もいるのです。
お嬢さんは本当にいい子で、あの子がこの世には本当はいないんだと思うと少し悲しくなったりもします。
あの家での生活がよほど心地よかったのか、たまに夢で(普通に夜見る夢)で見ることもあります。
起きてから「良かった、普通の夢だった。」と思うのと同時に少しだけガッカリします。
もう会えないのかと思うと切ないような悲しいような…
現実の友達に話したりしたら確実に気味悪がられると思います。
私自身も明確な自覚がないだけで少し頭がおかしくなってしまったのかと思ってます。

 

534: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:43:04.74 ID:j5q34K0A0

でさー、

>私は現在都心から離れた関東地方に一人で暮らしていますが、数年前までいまおもうと不思議な生活をしていした。

>私の記憶が間違っていなければ実際に記憶が飛んでいるのは10日間前後だと思います。

についてだけど、たった10日間の生活を、
「数年前までいまおもうと不思議な生活をしていした。」
と書くかねえ?
その生活はもっと長かったけど、戻ってみたら10日間程度だったってこと?
あと、今は何してはるん? その内定もらってた関東の会社で働いてるん?

 

536: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:51:56.12 ID:8+R8hUkM0

 >>534さん
質問ありがとうございます。
そうですね、私の体感時間としては絶対に10日間程度ではないんです。
最低でも1ヶ月以上。四季の移り変わりがあったかどうかが明確に覚えていないので恐らく1年は経ってないくらい、長くても半年程だと思います。
確かに書き方が中途半端ですね。
下書きするべきでした。すみません。

一応内定をもらった会社に就職したのですが、お恥ずかしながら1年で転職し、今は違う会社にいます。
住まいは変わらず関東です。

 

537: 530 2015/01/25(日) 01:52:02.37 ID:c6q0P78D0
そうだ!
匂いはどうでしたか!?
匂いは有りませんでしたか!?
そのお嬢さんの匂いを思い出して下さい!
自分は明晰夢?ですが、必ず共通する事が有ったのは、「匂い」でした。
多分鮮明に匂いをイメージする事が出来ると思います。

 

540: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 02:01:00.44 ID:8+R8hUkM0

 >>537
お嬢さんの匂い、というよりも家の匂いなら覚えています。
多分なんですけど、現在の日本で市販されている柔軟剤の匂いでした。
最初に入社した会社の先輩の匂いがとてもいい匂いでどこかで嗅いだことある匂いだ…と考えていたら
「あの家の匂いだ!!」と思いなんの 香りか聞いたので間違いないと思います。
私に与えられていたスウェット生地の服もその匂いでした。
お嬢さんはその匂い+シャンプーの匂いでした。
シャンプーの銘柄まではわかりませんが、たまに電車で
「あ。」と思う時があります。
さすがに知らない人に聞く度胸はないので銘柄はいまだわからずにいます。

 

544: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 02:11:33.76 ID:8+R8hUkM0

どうでもいいかもしれないのですが>>540で「多分」と言ったあとに「間違いない」とか書いてしまいましたね。
「多分」先輩の匂いとあの家の柔軟剤は同じ。
先輩の匂いが市販の柔軟剤であることは
「間違いない」ということで解釈いただければと思います。
すみません。

 

543: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 02:09:31.46 ID:c6q0P78D0

なるほどですね。
ふとした瞬間に匂いで記憶が蘇るんですよね?
とても強烈で鮮明に。
その匂い忘れないうちに探し当てておくと良いですよ。
何時からか思い出せなくなりますし、その記憶も薄まって行っちゃいますから。

 

546: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 02:19:58.76 ID:8+R8hUkM0

 >>543さん
鮮明に強烈に…という感じではないかもしれません。
(『デスノート』でミサが一度手放したデスノートを再び手にした時のフラッシュバックみたいなのを勝手にイメージしています)

ふわっと香った時に「あーそういえばこんなことあったな…」とあの家の事を思い出してから
「いやいやいやいや、なに当然の思い出の様に思い出してんだ。こんなデタラメな話があるわけ……いやでも…」という風に迷想が始まる。という感じですかね。
結局いつもなんの答えもないまま駅に着いたり人に呼ばれたりなど次に考えることが出来て終わってしまいますが…。

 

539: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 01:59:38.09 ID:j5q34K0A0
どうもこの妙に冷静で大人びた言葉使いのキャラが、2chでこの手の書き込みにありがちでうそくさいんだよなぁw
いや、キャラ自体は好感もてるんだけどね、うそくささがね

 

541: 本当にあった怖い名無し 2015/01/25(日) 02:03:02.77 ID:8+R8hUkM0

 >>539さん
私のことですよね。
ごもっともです。
私も他人から聞いたら「はあ?」と返すと思います。
すみません。


1001:関連記事をキスログがお送りします


【キモッ】引っ越した先に同じ会社の人が住んでた。相手「あんまり遅くなるなよ、君に何かあったら俺が会社で色々言われるし」私「え?」


【酷い接客】私「ドリンクはコーヒーで」ピザ屋店員「ピザにコーヒーは合いませんので、別の飲み物を注文してください」私「え…」


【作戦成功】人のものを盗ることが大好きな先輩に彼氏をとられた。→婚約破棄。彼「別れたくない!」→結果。


【キチ上司】うちの会社は3DCADの操作をゲームコントローラーでやってるんだが「仕事中にゲームするな!」って上司に殴られた。


知人から『珪藻土バスマット』をプレゼントされた。知人「持ってないと思ったー!いざ買うとなると高いのよね」私(買えないんじゃなくて買わなかったのに)


バイト君とレジ係をしてたら、女性客が妊娠検査薬を購入。→バイト君「あの人しょっちゅうアレ買ってるんですよ。ヤバくないですか?」私「???」


娘「私の部屋に盗聴器が仕掛けられる」俺「今日は俺がその部屋で寝る」→夜中に「かしゃっ」と言う音がして…


【アホすぎ】落ちてたキャッシュカードの裏に油性のマジックで4桁の数字が書いてあったんだけど…


【衝撃】昼過ぎに彼女の実家行ったらしょうが焼きがテーブルの上にあった。俺「お昼食べてないの?」彼女「晩御飯だよ」俺「え!?」


家族でフリーマーケットに参加した。嫁「あなたが人からもらってずっとタンスにあったハンカチ200円で売れたよー!」俺「は?」


家族で営んでいる感じの喫茶店に行ったら彼女が不機嫌に。→彼女「何も思わなかったの?妊婦を働かせているなんてありえない!」


【連携プレー】俺の部屋の隣に住んでるカップルが毎晩うるさい。→ある時から夜中に女の声と重なるようにテケテンテンテン…って鳴るようになって…


香害に苦しむ親父を理解してやれなくて親父は出て行った。捜索願まで出したけど見つからず、数ヶ月後に手紙が届いたんだが…


【未練】元カノの結婚式に出席したら、生い立ちムービーで俺が撮った旅行先のワンショット写真とかを使ってやがった!!


姉姑が個人商店を経営してて、姉姑の手作りの惣菜はとても評判が良かった。→姉姑が病気で倒れた。姉夫「嫁に惣菜のレシピを教えてやってくれ!」姉姑「絶対嫌」


【友やめ】友人がDVされてて友人数人がかりで医者へ連れていき、どうにか友人とその子供達を逃がそうとしたら裏切られた。

 

引用元: http://hayabusa6.5ch.net/test/read.cgi/occult/1406269780/

コメント
  1. 1.名無しのキスログ 2018年04月06日 at 16:19 | 返信

    以上、犬と入れ替わっていた設定にしたのに異世界好きな住人しかいなかったせいで気付いて貰えなかった男の話でした。

  2. 2.名無しのキスログ 2018年04月06日 at 16:31 | 返信

    大人びたていうか年寄りくさい文章。登場人物の年齢と文体に違和感があるのは、創作なのかなぁと思って読んでる。

  3. 3.名無しのキスログ 2018年04月06日 at 16:55 | 返信

    期間限定の統合失調症だよ。とか言って貰えれば満足するんだろうか

  4. 4.名無しのキスログ 2018年04月06日 at 18:31 | 返信

    不思議な話でええやん
    世にも奇妙な物語でやってくんねぇかな

  5. 5.名無しのキスログ 2018年04月06日 at 18:39 | 返信

    ネタじゃないなら多重人格の一歩手前の解離状態じゃないの?
    自分も一定期間の記憶がないけど、その間、普通に人と話してたらしい時とかあって
    医者に言ったらそう言われたよ
    誰かの家で世話になってた記憶が、夢や妄想とごっちゃになってんじゃないかねぇ
    オマルならともかく、ペット用に和式のトイレのある家なんてありえないし

  6. 6.名無しのキスログ 2018年04月06日 at 21:26 | 返信

    オカ板なのになんでこんな刺々しいレスばっかなんだろ
    これよりもっと嘘っぽいのが持て囃される事が多いのに

  7. 7.名無しのキスログ 2018年04月07日 at 11:34 | 返信

    お話をただ楽しむってことができない余裕のない人がネットでも増えたんやろ
    心霊系テレビ番組にケチつける人と一緒
    マウンティング&クレームでドヤ顔したいんだろうね
    つまらんわな

  8. 8.名無しのキスログ 2018年04月10日 at 12:42 | 返信

    これ、自分もある。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

728x90 AD POST bottom
PICK UP