最新情報をCHECK!! 

【最悪すぎる…】とんでもない女がいた話

コメント(13)

 

1: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 09:51:57.03 ID:3e8lTqdb0

さぁ・・・

2: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 09:53:03.49 ID:3e8lTqdb0
誰も居なくても、たんたんと書いていきます。
3: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 09:55:07.85 ID:3e8lTqdb0
当時、私は精密機械を設計・製造する会社で営業事務をしていた。
会社は大きくなく、社員数も少なかったが、
一応、設計部とか営業部とかに分かれてた。
製造する工場だけが別の場所にあったけど、
一つの部屋で、机の島だけが分かれていて設計部も営業部も
皆仲が良く、ワンマンな社長がちょっと苦手だったけど楽しい会社だった。
4: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 09:58:37.82 ID:3e8lTqdb0
設計部は男性3人、女性1人と4人の設計士さんがいた。
営業部は男性3人、営業事務が私を含め2人。あとは経理や総務をしてくれる
ベテラン事務員さんが1人。
ストレスのスの字も感じない職場だった。
が、その楽しい日々が一人の女のせいでメチャクチャになった。
5: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:02:33.04 ID:ttbNPJJH0
見てるよ
7: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:07:26.86 ID:3e8lTqdb0
ありがとうございます。
まずはメチャクチャ女スペック
当時35歳 社長の知り合いの娘。
見た目は山田邦子とかアントニオ猪木とかそんな感じ。
顎が特徴。しかもちょっとデブ。
『アントン』と呼ばせてもらいます。
ベテランさんスペック
当時35歳 見た目は小林聡美。
面白くて頭が良くて、誰からも好かれてた。
重要人物じゃないけど、私スペック
当時 24歳
周りからは井上晴美を小さくした感じって言われてた。
8: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:08:29.91 ID:3e8lTqdb0
アントンは最初の登場からして凄かった。
営業事務は私ともう一人ユリさんって人とでやってたんだけど、
ユリさんが結婚して退職する事になってた。
ちなみにユリさんは私より一つ年上の25歳。蛯原友里似の美人さん。
ユリさんの後釜として来たのが、アントンだった。
9: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:09:07.68 ID:3e8lTqdb0
その日の業務が始まる前に、社長から皆に紹介された。
社「今日からここで頑張ってもらうアントンさん。
営業部に入ってもらう。宜しくな。」
皆「よろしくお願いします」
ア「私、設計がしたいです。」
社「え?」
ア「設計部がいいです。」
社「いやいやいやいや・・・う~ん・・・じゃ、設計部・・・にしようか」
ア「今日から設計部に入りますアントンです。父は会社経営してます。
昔はここの社長の面倒みてました。
宜しくお願いしまっす!ハイ!以上!」
社「(苦笑い)」
皆「・・・宜しくお願いします・・・」
みたいな感じだった。
皆、「???」って感じだったけど、仕事が出来る人なら問題ないと
アントンのおかしな発言はスルーしていた。
10: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:10:09.33 ID:3e8lTqdb0
業務開始直後、とんでもない事が発覚した。
自分から設計がしたいと設計部を希望しといて、CADが使えない。
もちろん、設計なんか今までやった事もない。専門知識もない。
でもアントンは「教えてもらったらすぐ出来る。覚えるのは早い方やから。」て自信満々。
社長が見て見ぬ振りしてた。
ユリさんが「社長の知り合いの娘って・・・何の知り合いなんだろうね。」って言ってた。
私は本能的にアントンとは関っちゃいけないと思った。
11: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:10:51.34 ID:ttbNPJJH0
面白くなりそうだ
12: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:11:34.89 ID:3e8lTqdb0
もちろん設計出来るわけもなく、雑用する事になったらしい。
アントンは、設計さんにコピーを頼まれた。
が、何故かアントンは不機嫌。
どうもコピーをとるという業務が気に食わなかったらしい。
設計さんから受け取った書類を、私の所へ持ってきた。
「これ、コピーしてきて」と。
13: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:12:07.51 ID:3e8lTqdb0
私は営業部。アントンは設計部。
ちょうど私は、急ぎの見積書を作っていた最中だったし、
一瞬「ん?」と思ったけど、コピーの使い方が解らないんだろうと思い、
私はアントンをコピーの所まで連れて行き「このままセットして、ボタン押すだけです」と説明しながらやっていた。
が、アントンは自分の席に戻っていた。
16: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:13:32.46 ID:3e8lTqdb0
とりあえず、コピーした書類をアントンの所で持っていくと
「ちゃんと出来た?じゃ、次これFAXしてきて」と次の書類を渡された。
アントンのPCを見るとエクセルの表があり、下に小さい窓でヤフー知恵袋が開かれていた。
勤務一日目からこの態度。すごい人だと思った。
さすがに設計さんが、「アントンさん、あんたに頼んだんやから。」と助け舟を
出してくれた。
17: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:14:36.04 ID:3e8lTqdb0
するとアントンは舌打ちをし「バン!」と机を叩いて立ち上がりFAXを送りにいった。
今までそんな人が居なかったので、皆凍りついた。
ベテランさんだけがニヤニヤしてた。
アントンはFAXを終えて自分の席に戻ってくるなり、書類を机に投げ喫煙室へ消えた。
18: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:15:25.80 ID:3e8lTqdb0
とりあえず、その日はユリさんのお祝いとアントンの歓迎会を兼ねた飲み会があった。
皆の時間や予算的に、歓送迎会的な感じだった。主役は2人。
場所は、皆がよく行く居酒屋さん。
小さいながらも大将も面白いし、料理も安くて美味しい良い店だった。
が、店に入るなりアントンが
「は?何よこの店。私こんな店始めてやわ。狭いなぁ。」
と言い出した。
21: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:16:01.35 ID:3e8lTqdb0
当然、大将も聞いていたので社長が
「あ、アントンさんは社長令嬢やからなぁ。ここ、メッチャ旨いねんで」
と一応のフォロー。
皆も口々にフォローにならないフォローでその場を誤魔化した。
22: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:16:37.15 ID:3e8lTqdb0
そんなこんなで席につき、とりあえずビールで乾杯しようという事になった。
皆のグラスにビールが注ぎ終わって、社長が乾杯の音頭をとろうとしたが、
しかし、やはり相手はアントン。
そう簡単には乾杯させてくれない。
「私、ワインしか飲めません。」
23: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:17:16.51 ID:3e8lTqdb0
しょうがないので、ワインを注文。
きたワインを見るなり「これはどこのワイン?」とか言い出した。
アントンと一緒に上座に座ってるユリさんは、ずっとテーブル見てた。
私は、アントンと離れて座って良かったと思った。
24: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:18:08.98 ID:3e8lTqdb0
そして皆のビールの泡もなくなった頃、やっと乾杯が出来た。
皆がユリさんの結婚相手について色々質問してた。
笑顔で答えていくユリさんが凄く綺麗だった。
ユリさんは美人だし優しいし、旦那さんは幸せだろうなって思った。
ちなみにユリさんの結婚相手は歯医者さん。
25: 名も無き被検体774号+ 2012/09/08(土) 10:18:52.18 ID:3e8lTqdb0
アントンが明らかに不機嫌になってきた。
営業さんがもう1人の主役アントンを気遣って、話かけた。
普段でもメチャクチャなアントンがお酒が入ってまともになるわけもない。
それからは、アントン1人が主役。
≪ 前へ12
1 / 2 ページ
コメント
  1. 1.名無しのキスログ 2017年07月19日 at 20:40 | 返信

    愛人の子で妙に納得
    お世話になったのは社長の息子か

  2. 2.名無しのキスログ 2017年07月19日 at 22:02 | 返信

    長かったー!
    確かに愛人の子なら納得やな

  3. 3.名無しのキスログ 2017年07月19日 at 22:19 | 返信

    大人の対応ってのは、キチが好き勝手やるのを黙って耐えることではない
    この会社の人間一人残らず馬鹿だろ

  4. 4.名無しのキスログ 2017年07月19日 at 22:51 | 返信

    漏れはむしろアントンちゅわんと結婚したいって思った。
    漏れの人生の全てを、アントンちゅわんを幸せにするためだけに
    捧げたい♪

  5. 5.名無しのキスログ 2017年07月19日 at 23:01 | 返信

    これ昔も読んだ時面白い文章書く人だなって思って記憶に残ってた
    さくらももこっぽい

  6. 6.名無しのキスログ 2017年07月20日 at 01:34 | 返信

    会社がこれとちょっと似た感じになってる
    うちのアントンはコネがないから多少は猫かぶったりするけど
    営業男に惚れて、それを察した営業男が部署全体に聞こえる声で彼女がいる発言して牽制してた

  7. 7.名無しのキスログ 2017年07月20日 at 22:48 | 返信

    とりあえずアントニオ猪木と山田花子と井上晴美に謝れ

  8. 8.名無しのキスログ 2017年07月21日 at 03:24 | 返信

    ※3
    無意味な批判ご苦労さん。
    社長が容認したらキティがのさばるのは仕方がない。
    その結果会社が潰れても社長の責任だ。

  9. 9.名無しのキスログ 2017年07月21日 at 10:02 | 返信

    長かったけど普通に読めたわ
    文才のある人だな

  10. 10.名無しのキスログ 2017年07月23日 at 08:56 | 返信

    ずっとアントンがブルゾンで脳内補正されてた。

  11. 11.名無しのキスログ 2017年12月29日 at 22:08 | 返信

    ※10
    俺はゆりやん

  12. 12.名無しのキスログ 2019年03月06日 at 12:56 | 返信

    この話すこ。今生きてたら晴美も42か~。

  13. 13.名無しのキスログ 2019年03月08日 at 01:50 | 返信

    オチが無くても全く文句が出ないほど、簡潔で読みやすく軽妙な面白い長文だった。
    この人、物書きになればいいのに。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

728x90 AD POST bottom
PICK UP