最新情報をCHECK!! 

【その②】彼女が霊感バリバリすぎてヤバイ!!

コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 21:29:38.77 ID:niKa1aMYO
おとといスレ見てくれてた人、こんばんわ。
霊感彼女の、彼氏です。
おとといは、俺が寝てる間に信じられないくらいレスが伸びててびっくりしました。みなさん、ありがとうございました!
てか彼女、レス頑張りすぎwwwww
しかも俺の恥ずかしい過去まで垂れ流しwwwww
霊感カンケーないしwwwww
でも、まあ、彼女も、いろいろ書きこめて楽しかったみたいです。

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 21:30:44.56 ID:niKa1aMYO

あいさつはさておき。
今日はこの前みたく、みなさんの質問に徹夜で答える事が出来るか解りませんが、
(ていうか、質問に答えてたのは俺じゃなくて彼女ですが)
お付き合い頂ける方はお付き合いください。
相変わらず携帯からの投稿で、遅レスになる思います。気長に読んで頂けたら、幸いです。
今日の話は、リヘナラの話に比べると、ちょっと釣り臭い話かもしれません。
と、いうのも、この話の中で、有り得ない事が結構起こってるんですよね・・・・。
だから、「これは実話だ」と、信じて頂ける方だけ、信じてください。
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 21:45:33.87 ID:3U3mVttpO
期待
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 21:50:41.21 ID:niKa1aMYO
俺は、よく彼女とカラオケに行く。
理由は、近くに激烈に安いカラオケがあるのと、
彼女がマニアックなアニソンを結構解ってくれるので、楽しいってことで。
まあ、昔から散々言われてるよね。カラオケみたいな人が集まるトコには霊が集まりやすい、と。
だからよく初めの頃は、「こんな彼女とあんな場所に行って大丈夫かな?」
って思ってた。
でも、彼女いわく、「んー。たしかに、カラオケには霊は多いね。
でも、そんな事言ってたらどこにも行かれへんし、
別に特別そういう場所が危ないってことはないで。」
だって。
一緒にカラオケ行くの楽しいし、彼女がそう言うなら、と、
気にせずにカラオケに行きまくるようになった。
で、ある日、彼女と俺と、後輩の男二人合計4人でカラオケに行った時の話。
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 21:59:59.28 ID:niKa1aMYO
そんときのメンバーは、四人とも、アニメ大好き。
だから当然、カラオケはアニソン縛り。
で、盛り上がってたんだけど。
彼女が、なんかチラチラ、ソファーの横を見るようになった。
「なんか、おるんやな」と、俺は思った。
でも、彼女は何も言わないし、
「霊は、怖がったり意識しすぎたりしたら余計寄ってくる」って普段から言ってるから、
俺も気にしなかったんだけど。
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 22:11:04.96 ID:niKa1aMYO
「ガ!ガ!ガ!ガ!ガアアアオ!ガイ!ガアアアアア!
これは、人類存亡をかけて戦う、熱き勇者達の物語である」
テレビ本編を忠実に再現したセリフも綺麗にキまった。盛り上がりは最高だった。
で、次に入ってた曲は、彼女が入れた「絶対運命黙示録」(←よくこんなの入れるよ・・・・
でも、彼女がいきなり、
「ごめん、曲、変えてええ~~~?どーしても歌いたい歌があってん!」
て。みんな、まあ、「ふーん。」て感じ。
そしたら、いきなり、「失礼しまーす・・・」て、スーツを着た人が入ってきた。
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 22:31:28.48 ID:niKa1aMYO
普通、カラオケの店員さんって、はっぴみたいなの着てるよね?
でも、その人はスーツ。
店長さんみたいだった。
店長さんがなんの用??
って感じでみんなポカーン。
で、店長さん「あのー、みなさん、四名様でのご来店で間違いございませんよね?」
て。
全員わけがわかんない。
で、「はい、そうですが」って俺が言ったら、
「ですよね、大変失礼いたしました!」
って店長さん帰っていっちゃった。
まあ、普通ならここで、みんなは
「店長さん、わけわかんないよなー」とか
「気持ち悪い事いわんといてほしいわ!」って感じに思うんだとおもう。
ただ、そんとき俺らと同行してたのは、霊感バリバリの彼女。
全員、「・・・何かが、この部屋に居る!!!」って考えるのは、当然の流れだった・・・・。
すると、全員何も言ってないのに、彼女は空気を察したらしく、
「イヤ、霊は関係ないでwwwwwなんもおらんしwwwww」
でも、「いや、でも、店長さんがわざわざ部屋まで来たんですよ!?
防犯カメラに何か映ってたんじゃないですか!!?」と後輩。
そう思うのも当たり前だ。店長がわざわざ部屋まで来るなんて、普通じゃない。
しかも、人数の確認をしに?ありえない。
この部屋には霊感バリバリの彼女がいる。
彼女に引き付けられて、何らかの霊がここにいる。
その場にいた彼女以外の全員が、そう考えていた。
で、彼女「うーん。たぶん、ちゃう。だって、いまこの部屋、なんもおらへんもん。
まあ仮に、あの店長さんが防犯カメラに何かを見たんやとしても、
それはこの部屋のもんやない。
霊てな、実際おる場所からズレた所にあるカメラに写ったりすんねんて。
霊が残した残留思念みたいなもんを、
その残留思念の場所にあるカメラがとらえてもうて、
霊が実際にそこにおるようにみせかける。みたいな。
だから、みんなは心配せんでええ。
あんま心配しすぎると、霊、寄ってくるでーwwwwwwwwww」だって。
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 22:47:06.39 ID:niKa1aMYO
まあ、彼女がそう言うなら、安心だ。
カラオケはそのまま続行。
で、盛り上がりも、最高潮になった時、フロントから電話。10分前コールだった。
だから、このメンバーで来た時には絶対に入れるラストソング
「JAM-PROJECT」の「STORM」を大熱唱!
で、全員ゼェゼェ言いながら、カラオケ終了。
で、部屋を出よって時に、彼女がいきなり、
カバンから塩をとり出して一言。
「みんな、今日は(霊感強い)私とカラオケ来たし、
店長さんがいきなり部屋きたりして、気持ち悪かったやろ?
一応、塩、かけてからこの部屋出よやー!」
後輩共は、「あ、そっすか?じゃあ、そうしますー!」
と、大して気にもとめてなさそう。
でも、俺は、すっっごい違和感を感じてた。
だって、二人で、または他のメンバーとかでカラオケ来た時だって、
塩かけようなんて一言も言ってきた事無かったのに。
なにかヤバイ事があったって事は、俺にはなんとなく解っていた。
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:00:13.66 ID:niKa1aMYO
で、後輩と別れて、俺と彼女は二人で帰宅。
するはずが、
彼女があの一言。
彼女「帰る前にさ、散歩いかへん???」
あ、ちなみに、時系列的には、リヘナラ事件よりもこっちの方が後です。
だから、この彼女の散歩行こう発言で、俺の脳裏によぎったのはもちろん・・・・
「散歩ってまさか、あの霊のたまり場・・・・・・・?」
彼女「うん。〇〇(俺)には、隠せんなあ。
つ い て き て る。塩、効かんかった。」
俺、絶句。
「・・・・・どんなやつ。ま、ま、まさか、武家屋敷におったヤツ!!?(リヘナラの事)」
こんときは、まだリヘナラ事件の結構すぐ後だったから、俺の脳裏によぎる
「ヤバイやつ」と言えば、まだリヘナラだった。
・・・・まあ、俺はリヘナラを実際この目で見たわけじゃないから、
俺の脳内には、バイオ4のリヘナラがまんま再生されてたんだけど。
すると彼女「ちゃうちゃうwwwww
あんなグロくない。
ふつーの子供の霊やで。
・・・・まあ、ふつーじゃないんやけど。ついてきてるし。」
俺、泣く寸前
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:14:55.86 ID:niKa1aMYO
「やばそう!?ねえ、やばい?」
俺、パニック。
すると彼女「うーん。そのヤバイのか、ヤバクないのかは、私にはわからへんわ。
でも、怨念は強いんやと思う。
防犯カメラにも映ってたみたいやし。」
そこで俺「えええ!!?お前、部屋にはおらんって・・・・・・・!??」
彼女「嘘やあんなもん。
あの場で「子供の霊がおる」なんて言うてみ。
楽しい空気台なしになるかもしれへんやん。
それに、霊がカラオケの部屋におるんはようあることやし。
それに・・・・」
俺「それに?」
彼女「あの霊がちょっとおかしいっていうんは、アタシにはすぐ解った。
なんか、存在が濃いねん。
しかも、アタシらが歌を歌ったら、さ、一緒に口を動かしてくるねんもん。
いや、霊て、黙って立ってるんが普通やねん。
だから、ここまでアタシラに干渉してくるんて・・・・なかなかおらん。

彼女は、さらに続ける。
「アタシ、ウテナの歌を入れてた(絶対運命黙示録)けど、消したやろ?
あの歌って、歌詞が結構・・・・アレやろ?
怖いやんwwwww
あんな子の幽霊が見てる前で、アレ歌うのイヤやってん。」
たしかに・・・・。
あ、歌詞解らない人は、ぐぐってみてね。
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:26:21.43 ID:JF//QnZa0
すげぇ歌詞だな
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:32:41.97 ID:niKa1aMYO
彼女「で、店長さん入ってきたやろ?あれで、あ、コイツやばいわって核心を得たわ」
彼女は続ける。
「店長が来るってことは、防犯カメラにバッチリ写ったってことやろ?
防犯カメラて、動画で撮るやん。
うん、なんか、日本語おかしいかなwwwww動画で録るってwwwww
アタシが言いたいんは・・・・
普通のカメラに収まる霊はな、カメラがその場を
「パシャリ」と、静止画に撮るやん?
その瞬間だけに、その場におったらええねんけど・・・・
防犯カメラは、動画やろ?それに写りこむためには、
しばらくそこにおらなあかんし、
カメラにまで写り続けるにはかなり強く存在を示さんとあかん。
それにや、防犯カメラて、画質そんなようないやん?
それを見た人にも解るくらいにクッキリ写りこむには、
かなり念が強くないと写らへんわ。
でまあ、いろいろ考えてたんやけど。
これは店長さんに直接話聞こう!て思てな。
アタシ、トイレ長かった時あったやろ?
あれ、実は店長さんに、事情を聞きに行っててん。
なんで、あんな事を聞きに来たんかって。
そしたら、教えてくれたわ。」
彼女の話によると、店長いわく、俺達の部屋の防犯カメラを見ると、
ソファーのあたりに、男の子が突っ立ってたらしい。
「ん?」と思ってよくカメラを見ようとすると、
フッと消えたって。
で、気にしないでいたら、しばらくしてまた男の子がカメラ上に現れたらしい。
しかも、店長さんが言うには、
「一回目に比べて、なんだかクッキリ現れた気がした」だそう。
それで、部屋に見に来たって流れらしい。
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:38:16.31 ID:niKa1aMYO
ここで俺「え?でも、おまえ、なんかカメラには、
霊が残した残留思念が写りこむだけで、
カメラに映ってる所に本当に霊がいるとは限らんて・・・・」
すると、彼女がびっくりする事を言い出す
「ああ、アレか?
アレも、嘘やwwwwwww
実際店長が来てもうたし、ある程度ほんまっぽい嘘を言わな、みんな疑うやろ?
だからその場のがれで、話をでっちあげたwwwww
なかなかそれっぽかったやろ?
まあ、ほんまにそんな話があるんかもしれんけどな。
後輩らは、信じきってたなあwwwww」
俺も信じきってました・・・
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:48:58.27 ID:niKa1aMYO
彼女「まあ、そういうわけや。あとはこいつをどうにかするかやなあ」
色々話しこんでるうちに、霊のたまり場についた。
で、しばらくそこにいたんだが・・・
彼女「あかんわ。離れへん。どないしょーかな。」
彼女、いつも呑気な口ぶりで話すからが、実はこんときかなり焦ってたらしい。
すると、彼女が突然「あ、消えた」って。
霊のたまり場にいる霊の中に、遊び相手でも見つけられたんだろうか。
すると、彼女がいきなり、「うっ」て言いながら、頭を抱え出した。
すると彼女がいきなり、すっごい早口で、
「でていきなさいでていきなさいでていきなさいでていきなさいでていきなさい
でていきなさいでていきなさいでていきなさいでていきなさいでていきなさい
でていきなさいでていきなさいでていきなさいでていきなさいでていきなさい」
って唱えだした。しかも、目を見開きながら。
しばらくそうした後、
彼女がやっと普通に話しだした。
「あぶない、やっぱヤバイわこいつ。入ってこようとした。頭痛かったわあああー。」
彼女、こんときはやたら冷静だったけど、
さっきの「でていきなさい」連呼は、すげえこわかった。
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:56:50.49 ID:KZP2KOyu0
>>26
「でていきなさい」は打ってても怖くないか?w
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/21(月) 23:52:04.71 ID:G64i9vv8O
彼女こわっ
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/22(火) 00:29:02.17 ID:uSjuuQpO0
こうえぇぇぇぇぇぇ!
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/22(火) 01:12:04.30 ID:nBUNb+TPO
で、彼女「うーーん、子供消えたわ。えらいあっさりやなあ。」
と、じゃっかんいぶかしげ。
俺もちょっと肩透かしを喰らったきぶんだったけど、まあ、いいや。って感じで。
そのまま二人で帰宅したんだ。
一応、玄関前に塩まいて、
(彼女は、あの子供がもう一度あらわれたら、塩は多分効かないって言ってたけど。)
テレビつけて、彼女は晩ご飯の準備を始めた。
彼女はずっとさっきの子供が気になってたらしく、
料理しながらも「うーん」とか「むむむ・・・」って感じで、独り言が多かった。
すると、彼女、なにか思い出したように部屋のリビングに入ってきて、
一つの箱からお札を取り出した。
この箱は彼女が実家から持ってきた、彼女いわく「霊撃退ボックス」。
中には、お札やらお守りやら、よくわからん封筒?みたいなもんがどっさり入ってる。
彼女がウチに引越してきた時に言ってたのが、
「これは、実家の近くのお寺さんにもらったもの。
基本的な使い方は教わってるけど、具体的な効果はようわからん」って。
でもまあ、どれが魔よけでどんな力があるかくらいは、大体わかってるみたい。
「あの子供が消えてから、ずっと気分が優れんっちゅうか・・・・・・
あのままおとなしく引き下がってくれたとは思えん。
いちおう、このお札を天井にはっといて。」
そういって、俺にお札を渡した。
身長152センチの彼女に、天井にお札貼る作業は大分しんどい。
俺はテーブルにのって、天井にお札を貼付けた。
「うん。まあ、アタシの取り越し苦労ならええんやけどさ」
彼女はまた、キッチンにもどっていった。
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/22(火) 01:27:25.40 ID:nBUNb+TPO
で、あとはいつもどおりの生活。
メシ食って風呂入ってベッドへ。
電気も消して、「じゃ、おやすみー」てなって。
二人で布団をかぶった瞬間、
カチ
て音が。
いきなり部屋の電気がついた・・・・・・・。
俺、絶句。
ちょっと間を置いて、彼女が
「なにこれ・・・・・・・・・?」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/22(火) 01:29:36.23 ID:nBUNb+TPO
俺「あいつか、あいつか、?」
ってパニック状態。
そしたら彼女
「うん、ちょっと静かにして。・・・・・・。
うん、いまのは関係ないよ。
とりあえず、電気きろか。寝よ、うん。」
といいながら、彼女は電気のヒモをひいて電気を切った。
で、またフトンにもぐったんだけど・・・・。
彼女がいきなり、
「うう・・・・て・・・・・え」
て、つぶやきだしたんだよ。
俺、ちょっと怖かったんだけど。
彼女がなんて言ってるんだろって思って、彼女の口に耳を近付けてみた。
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/09/22(火) 01:30:18.48 ID:nBUNb+TPO
「?なんて言った?いま。どないしたん?」
彼女「・・・ぅ・・・・ぅぇ・・・・うう・・・ええ・・・う・おぁぉ・・・・」
何か言いたそうなんだけど、ボソボソすぎてわかんない。
俺「こええよ、もっとハッキリ言ってくれよ!」
って言ったら、
彼女、いきなり目をパッチリ開けて、ハッキリとした声で一言
「 歌 っ て よ 」
≪ 前へ12
1 / 2 ページ
コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

728x90 AD POST bottom
PICK UP